延びた仙台出張

昨日の続き。
宿に着いて風呂に入り、さて三陸の魚を食わせる店にまた行くかな?と思い宿を出た所で道を訊いた地元のおっちゃん二人連れが「北仙台に吞みに行くんだったら俺達と一緒に呑む?」と言うのでありがたくお供させて頂く事に。旅先での出会いは大切にしたいじゃない。
訊けばおっちゃんは宿の近くの解体屋の社長だそうで、もう一人のおっちゃんはその従業員だとか。
歩いた先の行きつけという店でビールを頂く。おっちゃん二人は野菜ジュースで割った焼酎という不思議な物を呑んでいる。
訊けば解体屋は津波で壊れた家の後片付けで、ここの所随分仕事が多いのだとか。
テレビのニュースでは震災関連の話ばかりだし、昨日に引き続き別の人から肉親が亡くなったという話を聞く。
かわいそうとかどうのでは無くて、震災と復興が生活の一部になっている。

二軒目は、場末感漂うスナック。地元のこういう人と知り合わなければ行く事は無いだろうカテゴリーの店。
合流した壮年の女性の良い喉で、「真室川(まむろがわ)音頭」など唄ってもらう。聴いて楽しいカラオケは久しぶりだった。

タクシーで帰して貰い、また今日も六時半に起きる。房総の旅からずっと、眠い目をこすりつつ毎日朝は六時半に起きている。
八時に着く様に一つ目の現場に行き、そそくさと撮り終わりタクシーを呼んでもらって次の現場へ。今日は天候にも恵まれ無事撮影終了。
帰りは(ほぼ)各駅停車の新幹線で、白石蔵王だけは通過し、福島→郡山→新白河→那須塩原→宇都宮→小山 とのんびり帰る。


仙台出張

今日仙台市内の仕事の撮影という事で、昨日仙台に入って、建築物の下見をし、自費で市内のユースホステルに泊まった。
一昨日まで自分の撮影で房総半島を周っていて、大原を歩き御宿(おんじゅく)に一泊して伊勢エビを食べた後、勝浦をぶらぶらして館山に行きユースホステルに
(泊まった館山のユースホステルは、元々ペンションだった建物を脱サラしたオーナーが買い取り一年前に始めたというきれいな建物。館山駅から更に南西に突き出た半島の外海を向いた方にある。近くに青木繁が「海の幸」を書いた浜の小さな集落もあり、今度は落ち着いて散策したい。)
に泊まり、小学校の臨海学校で行った富浦を歩いている所に「明後日行って」という電話がかかってきた。
知らない町を徘徊するのにもそろそろ飽きてきていたので良かったのだが、翌日昼の新幹線で仙台に来た。
下見をし、夜はその日居合わせたバイクで東北を周ってきたという男性と北仙台に繰り出し、一昨年来た時に行った、南三陸志津川の魚を食わせる小さな店で、彼の話と時々「肉親が流され未だに見つからない」という主人の話を聞きながら、けれども相変わらずおいしい海の幸で一杯。
そして今日は朝から撮影…の予定だったのだけど、天気予報が外れ朝から薄曇り。明日はかろうじて晴れる様なので、建物の主に頼み込んで明日撮影させてくれる様にお願いし、昨日泊まったユースホステルにももう一泊すると告げた。
けれどもそう決まってしまうと今日は閑で、けれども町をウロウロするのはもう飽きたし、定禅寺通りのモスバーガーで、書きたい事を貯めていた写真日記を書いている。


北の方へ

友部駅
昨日は日曜日ながら明日の建築の撮影(結局天候に恵まれそうもなく中止になったけど)の下見(格好良く言えば「ロケハン」)に朝千葉みなとに行き、その足で茨城県の水戸の方に取材の撮影に行った。
帰り、五時過ぎの友部駅。寒かった…
雪を被った筑波山なんて初めて見た。


只今ブツ撮り中


仕事をしている某タイル会社から、タイルだけスタジオで撮るブツ撮りもできないかという事だったので、懇意にしている赤坂の料理写真のスタジオを借りて撮らせてもらった。
「今の光線状態でどう撮るか?」の自然光と違って、じっくり好きな様に光を動かし、強めたり弱めたり、ピーカンにしたり薄曇りにしたり、面白い。


甲府へ

ほうとうの店「小作」
昨日は仕事で写真を撮りに、甲府へ。
建物を見ると夕景も良さそうだったので、会社の人には帰って貰って、僕一人残る。
近くで喫茶店でも探して時間を潰そうかと思ったけど、別れたほうとうのお店「小作」(山梨だけのチェーン店らしい)で事情を話し、奥で横にならせてもらったり、夕方五時まで時間を潰す。
結局帰宅は十時過ぎ。


どうやらプロらしい

年末のカメラ修理に出したいけどどうしよう話で懲りたので、堂々と修理の間、代替機が借りられるニコンのプロサービス(NPS)という奴に登録を申し込んでいたら、今日(来たのは昨日だと思うけど家のポストを開けてなかったので)、ニコンから「入れてあげても良いよ〜」「でも入会金21,000円振り込んでよ〜」という書類が入った封筒が来ていた。
ニコンのプロサービスというのは、色々特典がある(銀座のサービスセンターで曇りガラスのドアの向こうの、プロ専用のサービスセンターに入れる優越感もあるけど。)代わりに、なんか色々申請の為の書類がうるさくて、推薦人になって貰う為に日芸の先生の所行ったり(カメラマンの友人というのが居ないんだよね、みんなカタギの職業に就いちゃって。)、名前入りの自分の作品が載ってる本をかき集めたり(確か三冊必要だったと思う)、大変だった。
その他にも、入れば修理が安く受けられるので、他人の機材を修理しちゃわないよう、自分の持っているニコンの機材全て(僕の場合引き伸ばしレンズからストロボまで)の機種名と製品番号(シリアルナンバー)を書類に書き入れないといけなくて、物凄く面倒くさい作業になってしまい、ほとほと疲れてしまっていたのだった。
まあこれで21,000円振り込めば、会員証が送られてきて、安く修理が受けられて、修理の間代わりの機材を貸してくれるのだろうけど、心配なのは会員証の写真。
以前別件で中学の友人から書類を書かされて、そいつの金で駅前の無人のトコでボサボサ頭の無気力の顔で撮った証明写真を使い回しさせてもらったのだが、それが会員証に使われてしまう、イヤだ。
こないだカード会社からは人間と認めて貰えず、今度はニコンにプロカメラマンとして認めて貰った。「どうなんでしょう…」と思う今日この頃。


二階建て新幹線に乗った

しばらく写真の仕事は無さそうだったので、レンズの端の方にカビが生えていたレンズ二本(17-55mm F2.870-200mm F2.8)を、銀座のニコンに行って清掃に出したら、
金曜日横浜の撮影の仕事が入ってしまった。学生時分に行っていた赤坂の料理写真のスタジオに行って、カメラとレンズ一式を借りてくる。カメラは清掃に出していなかったのだから、レンズだけ借りてくれば良い様なものだけど、そこはキヤノンのカメラとレンズばかりで(以前まで当たり前の様にニコンで揃えていたけれども、全部売っ払っちゃったとか、そういう話多いね。)、明日使わないからという事でEOS-1Ds とレンズを三本借りてきた。
ある程度のカメラマニアとしては、触る事のない35mmフルサイズの1Dsなんて面白いし、発売当時(確か僕がニコンのD2xとどちらにしようか迷っていた頃だと思う)100万ぐらいしたカメラなんて触っても楽しい… 筈なのだけどそのスタジオでロケに使って出ていたのを借りてきたのが午後七時、僕は翌朝持って出ないといけないんで、一所懸命あたふたあたふた、操作は分からないし(大体最近やっとキヤノンもそれを認めてがらりと変わったらしいけれども、EOSの操作のインターフェイスは使いづらい。)、仕事で失敗があったりする訳にいかないし…
EOSのデジタル一眼レフは皆そうらしいのだけど、ニコンと違ってRAWデータはTIFF画像として吐き出されるみたいで、これがかなりドキッとしちゃうんだよね。TIFFで撮ってしまったという事はもうホワイトバランスも露出もトーンカーブも変えられないという事だから。
「翌日使うから、そっち撮影終わったら返せよ。」と言われていたので横浜の撮影が終わったらすぐに赤坂のスタジオに返却。
と思ったら、帰りの京浜東北線の中で某I社のSさんから「明日、急で悪いんだけどさ〜 宇都宮行ってくんない〜?」と言われ、まあ何もないので引き受けたのは良いものの、カメラの問題が。
また明日もこんな思いをするのはたくさんだ。大きな不満は多々あれど(タダで機材を借りた分際で言いたい放題言ってすみません)、明日は印刷物の撮影だし、
●画面周辺の色収差の補正もできない(わけじゃないけど自動補正の機能は無いのでやりたい人は自分で数値を入れて取り除かないといけない)。
●色空間がsRGBだけでAdobeRGBが無い。
●トーンやシャープネスの設定も無い(のか分からないけど取り敢えず見つけられなかったし勝手にいじるのも悪い)。
から総じて質感描写にも関わる(絵がシャープならばちょっと見た目は良いんだけど、「ギラリ」とか「ツルリ」とした質感は出ても「ザラザラ」の質感は出ない。)のですぐさま銀座のニコンへ。
サービスセンターのおじさん曰く、レンズはこっちで預かった物でNPSで預かってはいないので代替品の貸し出しは駄目。
NPS」という核不拡散防止条約みたいな名前のプロ専用のサービスセンターみたいなのは一般人用サービスセンターの隣にあって、ムサい「プロカメラマン」の方々が出たり入ったりしている。中ではコーヒー飲み放題でフカフカのソファがあるらしい。レンズなんか修理に出しても、貸し出しの品があればそれを修理の間貸してくれるとか。
う〜ん、もうこっちで修理受けちゃったから駄目って、素晴らしき縦割り社会、さすが旧日本軍御用達の「日本光学」。でもサービスセンターのおじさんもこちらの事情をよくきいてくれて、35-70mm F2.8 というフィルムサイズのレンズなら(ちょっと昔のだけど)あるからこれなら貸してあげられるよ、とのお言葉。ありがたくお借りし(借りたレンズを持ってこないと修理が終わったレンズは返してくれないのだとか、まあ総計50万円のレンズが人質って事なのね。)
なんとか明日のレンズを得て(トキナーの 12-24mm F4 は家にあるので大丈夫。)、帰りの我孫子駅で翌日の新幹線の切符を買う。翌日使い慣れたD2xと共に出発。11時過ぎ上野発の新幹線なのでちょっと余裕。しかも昨日買った切符を見たら、指定席券は「Maxやまびこ 2階席」としてあるし。
人生初の二階建て新幹線の二階ですよ。宇都宮までの少しの旅だけれども、なかなか気持ちいい。
仕事が終わって、某I社の一緒に来た女性に、「まっすぐ新幹線で帰るんですか〜?増田さんは電車好きだから帰りはもっと変なルートで帰るって課の人言ってたのに〜」って… こんな重い荷物しょって、乗り換え乗り換え帰れますか。
そりゃ宇都宮から小山まで東北線で出て、そこから水戸線で結城(ゆうき)を通って下館(しもだて)に向かい、そこから関東鉄道常総線で取手まで行って、常磐線で我孫子に戻るというジグザグコースを辿ろうかと一瞬思わなくも無かったですけど。
素直に帰って(風邪っぽかったし)、今日は一日家でゴロゴロしてました。明日も一日家でゴロゴロしている予定です。


表参道にて

昨日は、表参道の新しい商業ビルの撮影を一人でしていた。
一昨日、社の担当の人と部下の人も来ていたのだが、その撮りこぼし?を前日指示を受けてその通り撮ったり、W-ZERO3[es]で撮った画像をFTPでサーバにアップロードして、社に送って見てもらったりしていた。
撮影の真っ最中、ビルの前でドラマのロケみたいなのが始まってしまい、番組宣伝の為の取材もあるみたいで雑誌社なんかのカメラマンなんかが集まっていて、ちょっとした騒ぎになっていた。
表参道でのドラマの撮影
どうやら左奥の灰色のスーツ(スカート)を着て立っている人が主役の人らしくて、終わったら雑誌社の編集者(「働きマン」みたいな)やらカメラマンがどーっと群がって色々訊いていたが、誰だかわからなかった。
やたらその人の化粧が厚いので遠くからじーっと見ていたら、なんか目が合ってしまった、ファンじゃ無いですよ。
撮影が終わりそのオシャレなビル内の喫茶店で昼食。
店内は男性はそういう業界っぽい方々(髭を生やして首からケータイ下げてるとか)か、昼下がりにお友達と来た様なご婦人方しか居ない。

お茶を飲んでからお昼もここで食べちゃおうと思ったら、お金が無い。店員さんに言って荷物(カメラバッグと三脚)を置いて身軽になって並木道をぶらぶら散歩。(「カード使えますよ」って言われたけどカードなんて持ってないよ)
チキンカレー
お金をおろして帰って、1500円のチキンカレーを注文。
高いだけじゃなくて、ホントにおいしかった。上に乗っかった鶏肉はパサパサでなくほどよい焼き加減で、ルーは微妙なチーズ味。


木曽日帰り

一昨日我孫子に帰って機材を取ってきて、
昨日は朝から中野の漆器屋さんの所に行って、それから一緒に車で木曽に連れて行って貰う。以前行った際に撮りこぼした数点を撮る為に。
助手席に座っていると、高井戸から入った車は中央高速をずんずん進んで塩尻の方へ。
途中「八ヶ岳サービスエリア」で休憩。田んぼに作った「風林火山」の文字を見る。今、山梨県内のサービスエリアは「風林火山」ばっかり。
「八ヶ岳サービスエリア」の田んぼに描かれた「風林火山」の文字
紙コップのコーヒーの自動販売機があるのだけど、これが凄くて(コテコテで)、お金を入れて商品を選ぶと、「コーヒールンバ」の「ズンチャカズンチャカ」というメロディーと共に前のモニターに現在の内部のコーヒーの様子(豆をひいたり紙コップが出てきてコーヒーが入ったり)が、御丁寧に「あなたのためにドリップ中」という字幕まで付いて、行程毎に中継され、出てくるという人を食った代物。
ホントは出来上がった液体をジョーッと入れてるだけなのだがホンモノっぽさを出す為にそんな映像を(中継のフリして)流しているだけなのかもしれないけど(大体あんなたくさんのカメラを自動販売機の中に一々設置するのは大変だろうに)、何かアヤシサが何とも言えない感じを漂わせてジーッと見入ってしまう、BGMは哀愁をおびたコーヒールンバのメロディーだし。
あちらに着いて、まずはお昼御飯。国道19号線沿いの「ていしゃば」で天ぷら蕎麦を頂く。
木曽平沢の国道19号線沿いの「ていしゃば」の蕎麦
一仕事終えたらもう七時で、再び「ていしゃば」で地酒ときのこの天ぷらを頂く。おいしい。漆器屋の社長さん曰く、このそば屋のおじさんは自分で山に入ってきのこを取ってくるからおいしいのだそうな。
木曽平沢の国道19号線沿いの「ていしゃば」のきのこの天ぷら
こちらは地酒。外側は漆塗りのひのきのおちょこと。天然の鮎の塩焼きもおいしかったんだけどこれは撮るのを忘れて食べちゃった。
木曽平沢の国道19号線沿いの「ていしゃば」にて
中央道を帰る。帰宅は十一時。なんか色々おいしかった。ごちそうさまでした。


送別会


学生時代入り浸っていて、今も懇意にしているスタジオで当時から居たフードスタイリストの女性が、今度フリーとして独立する事となり、その送別会が昨日あった。
これから一人で大変だとは思うけど、がんばれ。