八丈島日帰り出張で飛行機に乗れなかった話

“八丈町コミュニティバスの中から夕暮れの八丈島"

伊豆諸島の八丈島の建物の撮影に日曜日の一昨日行く事にしていた。

なぜ日曜かと言えば、撮影する建物が官公庁なので、日曜日ならば駐車場に車も居ないだろうという事だ。ただそこは町民ホールも兼ねている建物なので、週末はイベントがあって駐車場にたくさん車が停められるけれども、一昨日の日曜日はイベントが無くてちょうど良い(翌週以降は毎週の様にイベントがある)、という情報を得ていた。

自宅を朝四時四十分に出て、羽田空港に着きANAのカウンターで搭乗券を買い、その時カウンターの人に「この三脚を持ち込みたいのだけど」と言ったら「手荷物窓口で見て貰ってください」という事で横の手荷物窓口に行って「この三脚を機内持ち込みしたいんだが」と言うと、見て「持ち込みOK」の紙のタグを貼って貰った。
これでやる事は済んだと思い階下のコンビニでパンと水を買って食べ二十分位前に搭乗口の手荷物検査場から入ろうとしたら、この三脚は駄目だと言う、ANAの手荷物窓口に行って預けて来いと。手荷物窓口に行くと、もう載せる荷物は締め切ってしまったので、次の昼の便で届けるとか言う。着いてすぐ使うから駄目だと言っても埒があかないので、搭乗口の手荷物検査場に戻ったら、もう飛行機締め切っちゃったから人も乗れない、次の便でと言う。基本的には「ANAで何を言ったか知りませんが」という口調。ANAのカウンターに行ったら「次の便で行って」と。
たらい回しにされて乗れなくて、怒りは収まらなかったが、安全上の決まりなら仕方ない。これ以上ゴネてもどうにもならないだろうし、仕方なく三脚を預け、次の昼の便に乗る事にして手荷物検査場を通ったが、四時間どうしたら良いのか。

朝、早かったし中のソファで寝るかと思ったけど、気が高ぶって寝られない。結局四時間座って待って、昼の飛行機で行き、撮って帰ってきた。

午後は逆光になって良くないという役場の人の話だったけれども、ホール側は良く撮れて助かった。逆光の役場正面側は窓際に多くの荷物が置いてあって、敢えて撮る状況では無かった。もし良い画が撮れなかった場合、自腹で宿泊して翌朝撮るのも仕方ないな(けれども駐車場は車で一杯だろう)と覚悟はしていたけれども、幸運に救われて、最後の五時半の便で帰ってきた。とても疲れた。レジャー帰りの客ばかりの機内で客室乗務員が気を利かせて「美しい八丈島の思い出を胸に、明日からがんばってください。」なんて言うもんだから余計疲れた。

今更どうこう言うつもりも無いし、対応は正しかったと思うけれども、今後そういう事になって乗れないという人が出ない様に、書き留めておく。

写真は撮影が終わり空港に向かうバスの中から。


一面の彼岸花へ

“飯能の巾着田"

先週の日曜日、飯能の巾着田に彼岸花(曼珠沙華)を見に行って来た。

幼稚園だか小学校だかで遠足で行ったのだが、それ以来一度も訪れていない。ちょうど花の盛りで、一面の彼岸花。一面の彼岸花の写真は他に任せるとして、このおばさん、一面の彼岸花によく合う服を着てきた。


鉄道模型コンテストへ

“昨年優勝の共立女子高校"

土曜日、東京ビッグサイトで始まった鉄道模型コンテストを見に行って来た。全国153校の模型部等の生徒が、数十センチ四方の鉄道のある箱庭の景色を作り競い合う、年に一度の催し。

このブログでこの催しを去年知って、今年初めて行ってみたのだが、人と喋れないオタクの様な男子高校生が黙々と作っている模型を見るのかと思いきや、優勝すればヨーロッパの大会に出場できるとあって、皆大声を張り上げて自分の学校を宣伝していたり、一人一人観客に自分達の宣伝したい所、主旨を説明していたり、なかなか面白かった。女子高も数校出場していて、ディテールに拘った細やかな気遣いを見せていた。

結果はこの様になった。僕は慶應義塾高校の物がビニールハウスのくたびれた感じ等良いと思ったのだが、入賞には至らなかった。


移転しました

“夕立が来そうな手賀沼"

思いついた時に更新するこのブログを、arata.page.ne.jpからwww.masudaarata.comに移転した。
RSSの更新通知の設定や、ブックマークの更新をお願いします。

その通知だけでは何なので、夕方、手賀沼の向こうの道の駅に行った時に撮った写真を。今にも夕立が来そうな空だが、実際この数十分後には土砂降りになり、梅雨なのに朝から暑かった一日を洗い流してくれた様だった。


明日から写真展やります

“写真展「伊豆」の設営作業"

もっと早くここでもお知らせしようと思っていたのだけど、明日から写真展やります。場所はもう何度もやっている、新宿のコニカミノルタプラザです。高野のビルの四階です。

伊豆には何度か通っていましたが、その写真を並べます。
余り、私の伊豆を押しつける様な写真ではありませんが、私の感じた伊豆を、追体験しに来てください。


冬の秋畑へ

今年も、年初に群馬の甘楽町へ。
行った日の夕方、向かいの山に上って、秋畑の集落(旧秋畑村の中心地)を眺める。
戦前はここに製糸工場があって、商店も多くあり、栄えていたらしい。今はコンビニ一つ無い。

“群馬県甘楽郡甘楽町秋畑"

翌朝、家の外に出ると霜が。例年より暖かいとは言え、霜は降り気温は氷点下。

“群馬県甘楽郡甘楽町秋畑"

近くの稲含山(いなふくみやま)に登る、山頂からの眺め、
左の台の様な山が荒船山、中央に雪をかぶった浅間山、右のギザギザの所々岩肌の見えるのが妙義山

“稲含山山頂よりの眺望"