スイス国鉄の時計

最近、長い間親しんできたフォント、Genevaがジュネーブということを知った。ゲネバだと思ったのに… ちなみに僕はChicagoの12pointが好きです。
最近こんな時計を買った。MONDAINE(モンデイン)社製の、スイス国鉄の壁掛け時計、というヤツらしい。もうこれは元気な頃から欲しいと思っていたので、少し高かったが買ってしまった。
(写真は04年一月撮影)


トロトロゲートボール

この前、いつもの散歩コースのゲートボール場の脇を通っていたら、中から「トロトロしてんじゃないわよっ!」と、仲間のおじいさんらしき人を叱っている声が聞こえてきた。その後もそのような事の嵐。そんなこと云ったって、トロトロしてるからゲートボールやってるんじゃないのか? と思った。


久々にピアノなど…

午前中、友人が券を持っているというので銀座に『月光浴』を見に行く。どうひいき目に見ても、つまらない。こんな写真集が売れるということを考えると、人々に「もうなにもしないでくれ」と云われているような気がする。
写真を撮りに行こうと上野に行ってフィルムを買うが、レジで「カードを」と云われ財布を開けて探していると、「これですよ」と店員に指摘され、さらには商品を忘れて立ち去ろうとした。二度目の『記憶喪失障害』に陥りつつあるのではと心配になり、自制して帰宅する。少し休んで『アニメーション2』の授業で勧められたバッハの『音楽の捧げ物』を折角買ってきてあるので弾こうとピアノに向かうと、長く弾いていなかったグランドピアノの中に色々な物が入っていて色々な音がする。最近我が家は何をするにも掃除が必要。久しぶりに家で御飯を作る。


凄い人を見た

帰り、ほろ酔い加減の常磐線で凄い光景を見た。
普通、キーボードという物はキーの上に手を置いて打つものであると我々は思っているのだが、その女性は手のひらのポケットボードを任天堂のゲーム機の如く、他の四本の指で支え、親指のみでタッチタイピングしていた。
小さなキーボードの上を忙しそうに飛び回る親指を見ていたらふと、自分が使い慣れている配列が実はタイプライター用に「打ちにくい」ように配置されたものである、という話を思い出した。


イヤな色々

年末の世田谷の事件を筆頭に、悪いニュースばかり。気が滅入ってしまいます。以前は『所詮は他人のこと』と気にも留めなかったのですが。
明日、授業が終わったら松山に飛びます。路面電車にゆられ、道後温泉につかれば、すべてがうまくいくようなきがして。